So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【3年】12月3日 豆っこリーグ後期 2日目 [News&Topics(活動報告)]

12月3日(日)ほっとプラザで行われた豆っこリーグ後期2日目の結果報告です。
お陰様で隼ポラールはAリーグで優勝、1月に行われる決勝トーナメント進出と
なりました。
隼リベルタはBリーグ4位となりましたが、選手の成長に目を見張るものがあり
ました。
1対0で敗れましたが、Bリーグ1位の南流山ブルーとの最終戦を互角に戦った
のは成長の証だと思います。
では、試合結果の詳細です。


Aリーグ
東部スター 1−3 隼ポラール  得点者 リツキ3
キーパー ケンゴウ

翼レアル 1−1 隼ポラール 得点者 リツキ
キーパー ケンゴウ

初石レッド 0−6 隼ポラール 得点者 トモヤ2 ヒデト4
キーパー ケンゴウ

Bリーグ
初石ブルー 1−0 隼リベルタ キーパー ユウイチ

南流山 1−0 隼リベルタ キーパー リョウマ、ユウイチ



実り多い「豆っこリーグ後期」でした。
選手一人一人のレベルアップを感じることが出来たリーグ戦でした。
高いフィジカルと個人技のポラール、組織力・チーム力のリベルタと言ったところ
でしょうか。
ポラールの高い得点力は魅力的で、後期負けなしは見事なものでした。
1月の決勝トーナメントは楽しみですね。
Bリーグ4位のリベルタは「マンマークを徹底して、奪ったボールを早く前線に
運んで攻撃する」と言う魅力的なサッカーを展開出来たと思います。
決定力が身に付けばポラールとともに1位通過も夢ではないと思いました。

12月はこの後も試合が続き、16日・17日はペガサス杯では久しぶりの8人制
サッカーの試合へと変わります。
さあ、今度は広いピッチで大きな展開のできるサッカーをしよう!!

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】 11月12日 豆っこリーグ後期 1日目 [News&Topics(活動報告)]

ブログ更新が大変遅くなり申し訳ございません。
11月12日(日)ほっとプラザで行われた「豆っこリーグ」後期の1日目の
結果報告です。

Aリーグ

ペガサス    1−6  隼ポラール 得点者 トモヤ2、ヒデト3、リツキ1

南流山グリーン 1−10 隼ポラール 得点者 トモヤ1、リツキ5、ヒデト2
   シンジ2

初石イエロー 1−8  隼ポラール 得点者 ヒデト5、リツキ3


Bリーグ

江戸川台 1−2  隼リベルタ 得点者 リョウマ1、リョウ1

翼バルサ 1−3  隼リベルタ 得点者 リクト1、リョウマ2

東部キング   7−1  隼リベルタ 得点者 リョウマ1


私はリベルタのベンチに3試合、ポラールの最後の1試合と計4試合を見ました。
感想としては、2チームで6戦中5勝1敗と結果も内容もとても良い試合だったと
思います。

特にリベルタは圧倒的な強さはありませんが選手全員が自分のポジションとマーク
を理解し始めて、組織的に守備をする意識が接戦を勝ち切る力になったと思います。
リベルタをきちんと組織的に動かしているのはリョウのコーチングでしたね。
得点力不足で悩んでいたリベルタですがリクトからリョウマへのパスがつながると
ゴールが生まれ始めましたね。

ポラールはボールへのアプローチを含め攻守の切り替えのスピードがアップして
いるように思いました。
オフェンスについては3試合で4人が2点以上を記録しているのを見てもわかる
ようにどこからでも点を取れるチームになっていますね。

全体を通して感じたことは、8人制でレギュラーだった選手も控えが多かった
選手も「豆っこリーグ」で沢山の出場機会をもらって、試合ごとに成長している
ことでした。
特に、キョウスケ、ユウイチ、シュンヤ、ガク、コウタ、ゼンの成長ぶりには
楽しみなものがあります。

試合の得点結果から感じたのは、全ての試合で1失点(リベルタの最終試合は
7失点ですが)ということは、失点のリスクがありながらも勇気を持って攻撃
していたことの現れだと思いました。
そして、「全ての試合で得点していること」はチームが優勢でも劣勢でも常に
ゴールを決める工夫と集中力があったと言うことだと思います。

さあ、今週末は豆っこリーグ後期2日目です。
体調に気を付けて「かぜ」などひかずに、思いっきり試合を楽しみましょう!!

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】9月24日 豆っこリーグ 予選2日目結果 [News&Topics(活動報告)]

9月24日(日)ほっとプラザで行われた、豆っこリーグ予選2日目の試合
結果です。

Aリーグ
東部キング 2−0 隼リベルタ KPユウイチ

翼バルサ  7−0 隼リベルタ KPゼン

初石レッド 2−0 隼リベルタ KPリョウマ

Bリーグ
初石ブルー  1−0  隼ポラール

南流山ブルー 2−13 隼ポラール

前の週の練習試合で運動量とアプローチの意識が落ちていたので、前日にその点を
中心に練習して予選にのぞみました。
試合では前日の練習が活きたようでアプローチの意識の高いゲームが出来たように
思います。

結果としてはBリーグのポラールは勝ち点差で2位となり、予選を抜け出すことは
出来ませんでしたが、まだ後期予選も残っていますので十分チャンスはあります。
まずは目の前のゲーム、目の前のプレーに全力を尽くすことですよ。

試合の内容的なことは、ポラールを千葉コーチと安彦コーチが、リベルタを
星コーチと私で担当していたので、リベルタのことしか今日は感想が書けません。
ただ、レフリーをしながら隣のコートでポラールのキョウスケが公式戦初ゴールを
あげて大きな歓声があがっていたのを覚えています。

リベルタですが予選2日目は3試合とも実力のあるチームとの対戦でした。
しかし、2戦目の翼バルサには大きく突き放されたものの、東部キングと
初石レッドには善戦していたと思います。
時間帯によっては相手ゴール前でボールを支配することもあり、決定力があれば
勝ちが見えてくる試合内容でしたよ。

予選1日目からチームを引っ張ったリョウの成長と1対1ではどの局面でも負ける
ことのなかったリクトの個人技光っていました。
前回は休みだったリョウマが復活して力強いボールキープが見られました。
3戦目の初石レッド戦でヒロトをセンターバックに起用しましたがこれが大当たり
で、今後リベルタの守備の要はヒロトになりそうな気配ですね。

このチームは勝ち星こそ少ないですが1戦1戦成長が見られ、豆っこリーグの
後期リーグに大きな期待が持てると思います。
まずは、決定力を上げてゴールを増やすことですね。

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】9月18日(日)練習試合結果 [News&Topics(活動報告)]

9月18日 松戸交流会館グラウンドでDUCさん主催で行われた
練習試合の結果です。
今回は、DUCさん、福田FCさん、隼の3チームで15分マッチの練習試合を
行いました。
3チームとも実力が拮抗しているので興味深い試合となりました。

福田FC  2−1 隼A KPケンゴウ 得点 ヒデト

DUC(A)2−0 隼A KPリョウマ

福田FC  2−0 隼B KPユウイチ

DUC(A)0−0 隼A KPリョウマ

福田FC  0−2 隼A KPケンゴウ 得点 リツキ2

DUC(B)1−0 隼B KPキョウスケ

豆っこリーグのため小さいコートでの練習が多かったこととパス中心の練習が
多かった影響でしょうか、アプローチが遅く運動量が少ない試合でした。
全て2点差以内の試合でしたがどの試合も相手チームのボールへの寄せと豊富な
運動量に圧倒された試合が多かったでしたね。

DUCさんは隼とほぼ同じ人数でしたのでAB2チーム体制でしたが、福田さんは
9人と少人数なので1チーム体制で試合をこなしていました。
ですので、第5試合目を隼が0−2で勝ちましたが福田さんは隼より倍の試合を
消化していたことを割り引いて考えなければなりませんね。
そのことを考えると第3試合の福田戦は隼のBチームが良く健闘していたことが
わかります。

試合後に星コーチが今日一番活躍した選手としてシュンヤを褒めていましたが
僕も同感でした。

アプローチと運動量が落ちていたことに気がつけたのは収穫です。
次週の豆っこリーグに向けて、もう一度サッカーの基本に戻る練習をしようと
思いました。 

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】豆っこリーグ 予選1日目 [News&Topics(活動報告)]

9月10日(日)ほっとプラザで行われた「豆っこリーグ」予選1日目の結果です。

Aリーグ
隼リベルタ(リクト・リョウ・ヒロト・ガク・ユウイチ・コウタ・ゼン・リョウマ)

ペガサス 5−0 隼リベルタ GKユウイチ

南流山グリーン 0−1 隼リベルタ GKユウイチ 得点 ガク

初石イエロー 5−0 隼リベルタ GKユウイチ

リョウマがお休み、ユウイチ・コウタが風邪のため前日練習が出来なかったのが
リベルタの不運でもありました。
しかし、リベルタは頑張りました。
まず、ユウイチのキーパーが大正解でゲームを経験するたびに上手くなっていまし
た。
ゼンのファイトあるディフェンスは、フットサルの小さいコートでも光ってました。
随分チームのピンチを救ってくれましたよ。
リョウはセンターバックとしてキャプテンとしてよくチームを引っ張ってくれまし
た。
ガクは合宿の練習試合に続いて初の公式戦でのゴール。それも、決勝点です。
この1勝はコーチも嬉しい勝利でした。

Bリーグ
隼ポラール
(ヒデト・リツキ・ケイタ・シンジ・トモヤ・ケンゴウ・シュンヤ・キョウスケ)

江戸川台 0−10 隼ポラール GKケンゴウ
 得点 ヒデト3トモヤ3リツキ1シンジ2

翼レアル 2−2  隼ポラール GKケンゴウ
       得点 ヒデト トモヤ

東部スター 2−3  隼ポラール GKケンゴウ 得点 ヒデト3


翼レアル、東部スター戦ともに相手に得点を先行されての試合運びでした。
ボールを支配して相手ゴール前でゲームはするのですが、自分のポジションや
マークを忘れて、守備をリツキ一人頼っていたのではいらない失点が増える
ばかりですよ。
勝てるゲームも引き分けに持ち込むのが精一杯となってしまいます。
特にフットサルはコートも小さいので攻守の切り替えを早くする習慣を身に
着けないと、「思うようなゲーム運び」は出来ませんよ。
攻撃しながらも自分のマークは誰?、自分の守備範囲はどこ?と常に考えながら
ゲームをして欲しいものです。

リツキのセンターバック、GKのケンゴウは本当にご苦労様した。
守備の切り替えが遅れがちな試合を最少失点で防いでくれました。

あまり、シュートそのものについてほめることは少ないのですが、2−0で
先行された翼レアルとの試合で決めたヒデトのゴールは良かったですね。
カウンターで飛び出してディフェンスかわし、キーパーとの1対1で慌てずに
左にフェイクして空いた右隅ゴールにインサイド流し込んだシュート。
今までならキーパーにぶつけるかポストに当たるシュートですが、今回は技あり
ですね。

リベルタが1勝2敗、ポラールが2勝1分で予選1日目としてはまずまずの発進
だと思います。
さあ、これからもフットサルの豆っこリーグは続きます。
サッカーの練習試合もあります。
たくさん試合経験をつんで良い選手になろう。

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】夏合宿練習試合結果 [News&Topics(活動報告)]

例年8月に行われる「国営ひたち海浜公園」の夏合宿で、近隣の茨城の
サッカーチームが集まって各学年が練習試合を行いました。
3年生は那珂FC、中丸SSC、舟石川SSS、そして隼4チームで
練習試合をしました。
以下、8月26日夏季合宿の試合結果です。

那珂A 2−0 隼A GKケンゴウ

那珂B 0−0 隼B GKリツキ

中丸 0−7 隼A GKケンゴウ 得点 リツキ・ガク・ケイタ
 トモヤ・ヒデト・リク
 シンジ

舟石川 3−2 隼A GKゼン 得点 リョウ・トモ

中丸 0−1 隼B 得点 リツキ

那珂B 3−0 隼B GKケンゴウ

那珂A 0−0 隼A GKケンゴウ

A・B合わせて7試合が経験でき、有意義な1日となりました。
特に合宿で成長を見せたのがゼン・ガク・コウタ・リョウでした。
ガクは対外試合での初得点を決め、それ以降の練習がさらに意欲的に取り組むように
なってくれたのが良かったですね。
ゼンはキック力とディフェンス面で随分と成長しました。

試合の印象として1番に感じたのは、第1試合の那珂FCのAチームが非常に技術の
高い良いチームだったことです。
隼のAチームは相手のしっかりとしたパス回しからの攻撃に、防戦一方でなかなか
自分たちのサッカーが出来なかったことがショックのようでした。
試合後に隼の選手と反省会をしながら「那珂FCには今のレベルでは勝つことは
難しいけどもう一試合してみる?」と聞いたら、全員が「もう一度やりたい」と
言ってくれたのは嬉しかったです。
こちらか再試合言う前に那珂FCさんから「6年生の使ってる大きいコートで
もう一度試合がしたい」と申し込まれて最終ゲームに那珂FCさんとの試合を
入れてもらいました。
その時の私の気持ちとしては「大きいコートだとキック力の無い隼は、相手の
ロングパスに振り回されて大量失点するのではないか」と心配していました。
特に那珂FCの右サイドのオフェンスの選手はスピードがあり、対応できずに
崩されるのではと考えていました。

しかし、ゲームが始まるとお互いに運動量の多い緊張感のあるゲームとなりました。
心配していた右サイドからの攻撃にはケイタがしっかりとディフェンスをしていた
のですが、時間が過ぎるにつれ疲れのせいか対応が遅れ始めました。
そこを左サイドハーフのリョウが必死にカバーをしてくれたのでディフェンスは
崩れることなくゲームを進めることが出来ました。
そこで、疲れたケイタに代わって最近調子の上がっているコウタを入れてみる
ことにしました。するとこれが「バッチリ」ハマりました。
苦しめられていた相手の右サイド攻撃をコウタしっかり止めてボールを奪うことで、
今までカバーに精一杯だったリョウが攻撃に上がれるようになったのです。
このお陰でゲームはどちらに傾くことなく、素晴らしい緊張感のまま終了しました。
隼の選手たちは前試合で歯が立たなかった相手に互角にゲームが出来て満足した
ようでした。
私も一つ成長出来た良い試合だと思いました。

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】東葛リーグ/練習試合結果 [News&Topics(活動報告)]

7月23日と8月20日に行われた東葛リーグ及び練習試合の結果です。

7月23日東葛リーグ
三小キッカーズ 1−1 隼   GKケンゴウ 得点者ヒデト

風早レクトFC 7−0 隼 GKリョウマ

8月20日東葛リーグ
FC LIEN柏 0−7 隼 GKユウイチ 得点者 シンジ2 リクト
  ヒデト4

残念ながら東葛リーグは得失点差が1足りずに予選敗退です。
最近の傾向として、市内大会以来、得点者がヒデトだけになっていることで分かる
ように、攻撃が単調になっていましたね。
中盤でボール持った選手がゴール前までアタックして、ボールを失うケースも
増えていたので、中盤ではサイドへの早いパスを大切にして攻撃を全員で
スピードアップしようと話し合いました。

8月20日練習試合
東葛リーグの公式戦の後、FC LIEN柏さんの主催で高柳FC、流山隼の
3チームで練習試合を行いました。

高柳FC  3−2 隼 GKユウイチ 得点者ヒデト、トモヤ

LIEN柏 0−0 隼 GKヒデト

高柳FC  0−3 隼 GKリョウ 得点者リツキ、ケイタ、ヒデト

LIEN柏 0−0 隼 GKリツキ

公式戦でゲームに出られなかった選手も練習試合で沢山経験を積むことが
できました。
攻撃の面では中盤でのスピードアップができたおかげで攻撃参加の人数がふえ
多くの選手がゴールを決められるようになったのは良いことだと思います。 

今野
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【3年 7月16日 市内大会決勝結果】 [News&Topics(活動報告)]

7月16日(日)おおたかの森SFで行われた市内大会決勝トーナメントの
結果です。

準決勝
前半   翼クラッキー 0-2 隼  得点者 ヒデト2
後半   翼クラッキー 1-3 隼  得点者 ヒデト3   

決勝
前半   初石ブルー 1-0 隼
後半   初石ブルー 1-2 隼   得点者 ヒデト2

延長前半 初石ブルー 0-1 隼   得点者 ヒデト1
延長後半 初石ブルー 0-1 隼   得点者 ヒデト1


以上の結果の通り、決勝戦で初石ブルーを延長戦の末4対2と突き放して
優勝しました!!
選手の皆「おめでとう!」
保護者、クラブの関係者の皆様、応援ありがとうございました。

私の感想としては、気温の高い中での試合で集中を切らすことなく運動量の
多いサッカーが出来ていたことは大きな成長だと思います。
注目は、決勝リーグの全ての得点がヒデトだったこと。
大活躍でしたね。試合後千葉コーチからMVPをもらいました。
ただ、これからはヒデトだけでなく「どこからでも、誰からでも」得点の
取れるチームにしたいですね。

一番感心したのは、決勝戦全体の試合の流れが初石さんと隼の間で大きく
揺れ動いている中で最後まで自分たちを信じてサッカーが出来たことでした。
試合の流れを見て行くと前半はトモヤの負傷退場のアクシデントのあとに
初石さんに先制点を取られて完全に初石さんペースでした。
後半になるとフリーキックでチャンスを得た隼は続けて2得点を奪い、試合を
隼のペーストしましたが粘る初井さんに試合終了間際で同点とされます。
試合の流れが激しく両チームの間で変化していて、「どちらが勝っても不思議
ではない」そんな試合でしたが、隼は試合の流れを最後につかみ切り、
延長戦で2得点をあげて優勝を手にしました。
ワンサイドにならない試合を強い気持ちで勝ち取ったことには本当に感動
しましたよ。
(今野)

頑張った選手に向けて安彦コーチからメッセージがあります。

(安彦コーチ)
まずは優勝おめでとうございます[exclamation]
選手達、保護者の皆さん、暑いなか本当にありがとうございました。

皆で勝ち取った優勝だったと思います。ひとまず皆でやってきた事が
優勝という結果に結びついた事は素直にうれしいですね。
まだまだ試合が沢山あるのでここで終わりではなく、次の目標に向かって、
頑張っていこうね。

リクトがお昼に見つけた虹...ツキも味方してくれたのかな。
2017-07-30T19:58:47.jpg2017-07-30T19:58:47.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】7月9日 練習試合結果 [News&Topics(活動報告)]

7月9日(日)に流山北小学校で行われた、矢切SCさんとの練習試合の結果です。
試合前の今回のテーマは「中盤でのパス判断を早めにして、シュートまでの攻撃
時間を短くする」ことでした。
このテーマは、前日の練習で4年生と対戦した時に、相手のゴール近くで
ドリブルやパスに時間をかけすぎる傾向があり、相手のディフェンスが整ってしまい
ボールを奪われてカウンターで簡単に失点することが多かったことへの反省です。

では、試合結果です。

第1試合(レギュラーチーム)
   前半 矢切SC  1−1  隼  キーパー リョウマ 得点者 リョウ
   後半 矢切SC  1−0  隼  キーパー リョウ

第2試合(準レギュラーチーム)
  前半  矢切SC  3−0  隼  キーパー リツキ
  後半  矢切SC  0−0  隼  キーパー トモヤ

第3試合(レギュラーチーム)
  前半  矢切SC  0−0  隼  キーパー リョウ
  後半  矢切SC  1−4  隼  キーパー ヒロト 
                    得点者リツキ1、ヒデト2

仕事が忙しくなってしまい、レポートを書く時間が取れず、試合の詳細解説は
今回は無しです。
全体的な試合の流れを見れば、前半を修正しての後半の結果。
第1試合を反省しての第2試合の結果。
前よりも次のゲームが進歩しているところに注目ですね。
では、明日は市内大会の決勝リーグですので頑張ってください!!

今野
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【3年】6月24日練習試合結果 [News&Topics(活動報告)]

6月24日(土) 彦成糸小グラウンドで行われた練習試合の結果です。
彦成FCさんの練習試合に招待いただき、彦成FCさん、尾間木SSSさんの
2チームと計3試合の練習試合をさせて頂きました。

彦成さんは10名、尾間木さんは20名、隼は16名で、お互いに人数の違いは
ありましたが、チーム間で相談し全員が試合を経験できるようにしました。
尾間木さんと隼は前半をレギュラーチーム、後半を控えになることが多い選手の
チームで試合をすることにしました。
ただ、彦成さんの選手は10人なので、常にフル出場状態で両チーム相手にして
いましたが最後まで運動量が落ちないのには驚きました。

第1試合
   前半 彦成FC 1−1 隼   GKケンゴウ 得点者ヒデト
   後半 彦成FC 5−0 隼   GKケンゴウ

第2試合
   前半 尾間木SSS 2−2 隼   GKリョウマ 得点者ヒデト、リツキ
   後半 尾間木SSS 2−0 隼   GKリョウマ

第3試合
   前半 尾間木SSS 1−1 隼   GKケンゴウ 得点者ヒデト
   後半 尾間木SSS 4−0 隼   GKケンゴウ

大会続きで出場機会に恵まれない選手も今回は多くの経験が出来たと思います。
やはり、練習も大事ですが試合をして経験が増えるとサッカーが上手くなるのも
事実ですね。
これからも、全選手が経験を積める試合を増やしていこうと思います。

来週7月9日は矢切SCさんを北小に招待して練習試合をする予定です、
もちろん、全員が1試合(前後半)フル出場を体験してもらいますよ。

今野
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -